今月11日にSoftbankからAppleのsmartphone iPhone 3Gが発売になりました。東京23区内では、即日完売だったそうです。初期出荷として74000台用意してあったそうですが、数日後に私がSoftbankに電話して聞いてみた限りでは、どの店にも在庫がありませんでした。

実は、長年iPodを愛用してきましたが、私の持っているのはiPod photoというやつで、液晶画面がカラーになり、転送した写真を表示できるという当時としては最先端の機種でした。(若い人は、初期のiPodの液晶がモノクロだったなんて知らないでしょうね。)HDDの容量も60GBということで手持ちのCDを全部入れて、非常に重宝してきたのですが、重いのとバッテリが持たないのとで、そろそろ買い換えたいなぁと思っていたところでした。

実際には、iPhoneでもそれなりに大きいし、バッテリの持ちもあまり良くないらしいので、上記の問題の解決にはならないのですが、情報端末としての魅力は大です。

数日間、ネットで調べて、iPhoneにしようか、iPod touchにしようか、それともiPod nanoにしようか迷ったのですが、結局iPon nano 8GBのブラックを購入しました。

店頭で、実機を触ってみてiPone、iPod touchのワイアレスLANを使ったWeb Browsing機能なども非常に魅力的だったのですが、決め手は軽さ。これに尽きます。常時持ち歩いて音楽等を聞くとなると、やはりiPoneとiPod touchは重すぎますね。

iPod nanoはその名の通り、本当に小さいし薄いです。こんな小さくて薄い機械に8GBも積んでいるんですから、正に驚きです。

まぁ、それでもiPoneとiPod touchにはまだ未練がありますので、今後もう少し両機種の容量が増して、端末としての機能が安定・完成してきたら購入したいですねぇ。

待ってろよ!iPhone!(^_^)

コメントを残す