のっけから親父ギャグ、いやいやgentlemen’s jokeですが、本日、お湯が出ました。(^_^)

このところずっと、蛇口をひねって、いつまで経っても水のまま、お湯が出なかったんですよね。

給湯設備がダメになっているようでした。

お風呂の追い炊きは、きちんと出来るので、何とかそれで凌いでいたのですが、シャワーは冷たいし、食器を洗うのにも手が切れるようだし、大変な思いをしていました。

しかし、なかなか時間がとれずに、施設管理者に連絡をすることが出来ずに、今日まで来てしまいました。

ところが先日、玄関前で自転車のチューブに空気を入れていたところ、

「うっ、ガス臭い!」

危ない、ガスが漏れています!びっくりしました。

そこで、即、東京ガスに電話。すぐにガス漏れ調査員?が到着。

調べてもらうと、給湯器がうまく点火せずに、ガスだけが流れているとのこと。聞いてみると、給湯するには、まずガスを流して、それに点火を行うのだそうです。

それが、点火がうまく行かないものだから、ガスがそのまま外に流れ出しているのだそうです。

突っ込んで聞いてみると、それで即、ガス爆発(昔、「バス、ガス爆発」という早口言葉がありましたね。もとい)とうことはないそうですが、やはり早く直した方が良いし、第一、近所の人が心配するだろうとのこと。そうですよね。廊下を歩いてたら、ガスの臭いがすれば、これは私でもびっくりしますよね。

そこで、仕事始めの本日、管理者に連絡し、即日、東京ガスからメインテナンスの人がやって来てくれたわけです。

見てもらうと、点火場所にガスを送る管or穴が、詰まってしまって、ガスの出が悪くなっているとのこと。これは、経年でしょうがないことだそうです。私は、点火プラグでも悪くなっているのかと思っていたのですが、どうやら違ったようです。

送ガス管を丸ごと交換。お湯を出してみると、見事!、熱いお湯が出ます。昨日までの状態を考えると、夢のようです。

これで、熱いシャワーを浴びられる!食器洗いで手がしびれない!

大満足!生活改善!でした。

まぁ、もっと早く連絡していたら良かったのですがね。(ガス会社のお兄さんにも、「よく、これまで我慢してましたねぇ。」と感心、いや、呆れられてしまいました。(^_^;)

兎に角、新年早々、目出度し、目出度し。

Tags:

コメントを残す